RECRUITING INFORMATION セミナー情報

僅か5ヶ月で完売という期待を背に
未知なる領域へとチャレンジする

地上19階、143戸という規模の物件を手掛けるのは、現場を仕切る山口にとっても、プロジェクトメンバーにとっても未経験のことだった。その一人である磯部はこう語る。
「弊社はこれまで、14~5階建の物件を中心に扱ってきました。基本的な構造や工程に変わりはありませんが、高層階のマンションとなれば、コンクリートの強度や鉄筋の量が違います。特殊な構造となるので、これまで以上に慎重に業務を遂行すべきだと考えました」。
松本もまた、通常よりも深い、地下5mを掘削した経験は無い。「通常より時間がかかるのではないか、地下水などの影響はないのだろうか、という幾つもの懸念が頭をよぎりました」。
しかし、山口には確信があった。「規模の大小に関わらず、穴吹工務店には、プロジェクトメンバーはもちろん、各分野における専門家が一堂に集まり、着工前にしっかり協議して取り掛かるという伝統がある。今回はそこにパートナー企業も加え、あらゆる角度から検討を行いました。どのような機材を使えばよいのか。どのような問題が予測され、それをどのように解決していくべきなのか。綿密な仮設計画を実施したがゆえに、着工後には大きな問題もなく、工程がスムーズに進行していったのです」。
着工前にはモデルルームは既にオープン。反響は予想以上に大きかったと篠原は言う。
「販売開始からわずか5ヶ月という短期間で完売となりました。魅力的な立地と、それに見合うだけのクオリティが提供できている点が評価されたと分析しています」。
早期に完売することで、お客さまから寄せられた要望を工事に反映するのもスムーズとなる。篠原は振り返る。「間取り変更の要望にも積極的にお応えできるのは、穴吹工務店が設計、施工、販売までをワンストップで対応できるからのこと。それが穴吹工務店の強みであり、多くのお客さまから選ばれる理由のひとつです」。販売の最前線に立ち、お客さまと接しているからこそ、そんな穴吹工務店の優位点を実感しているのだ。