穴吹コミュニティPROJECT CASE 人を知り、問題を解決する能力を養う

穴吹コミュニティが手掛けるマンション管理業務は、
時代の流れと共にニーズが拡大している。
多くの組合が自己管理でなく、プロの手に委ねる背景に、
管理業務の複雑化や住民トラブル回避の問題があげられていた。

“総合力”が武器になる
これからのマンション管理業務

マンションに生活する住民の暮らしに関わる、すべての諸問題を解決する。それが、澁木に課せられたミッションだ。
「メインとなるのはマンションの管理組合と共に、給水設備や宅配ボックスなど、共用施設を管理する業務。さらに“ハード”だけではなく、ペットや騒音など“ソフト”面における問題や、あるいはメンテナンスや修繕に必要となる“資金”面におけるマネジメントにまで踏み込んでいきます」。と言う澁木。澁木が担当する福山エリアは同業他社の動きも活発となっている激戦区だ。昨今では、生き残りをかけ、他社との差別化を図るサービスを提供している。「マンションの共用部分だけでなく、入居者向けのサービスとして、水回りなどのトラブルにも対処する“「もしも」のときの駆けつけサービス”の提供をスタート。さらに、これまで培ってきたノウハウを活かし、リフォーム業にも注力しています」。

勿論、メインのマンション管理業務もこれまで以上の力で推進していく。穴吹工務店が手掛けた物件以外に、管理業務だけを請け負う例も後を絶たない。
「入居者が自主管理をしているマンションでは、どうしても話し合いがまとまらないというケースが見られがちです。よくあるのが、住民同時で積み立てていたはずの修繕資金の管理上のトラブル。さらに修繕業者から見積もりを取ったり、発注をしたりと、慣れない業務を行うことでミスもロスも多くなってしまう。結局は、きっちりした管理会社にお願いしたいという組合が増えているのです」。

澁木の言う“きっちりした管理会社”の定義について、彼は以下のように続ける。
「例えば、設備の点検や改修などを他社に委託する管理会社に任せていると、当然、スピード感もクオリティも低下するばかり。穴吹コミュニティは、自社内に技術者を抱えている。設備に関する管理業務をワンストップで請け負うことができるので、建物の品質をキープでき、なおかつマンションの資産価値が維持できるのです」。

穴吹工務店グループの一員として培ってきた技術力から進化した“総合力”が、澁木たちに力を与えているのだ。

マンション内で発生する諸問題を解決し、住民の方々の生き方に触れていく

マンションの入居者は、人それぞれに違った考え方を持っているため、意見を一本化するのは、それほど簡単なことではない。入社間もない頃は、人生の先輩にあたる管理組合の方々を調整して回ることの難しさを痛感するばかりだ。
「例えば、駐輪場を増やして欲しいという方がいれば、お金を掛けてまで増設する必要はないという方もいらっしゃいます。他にも、細々としたマンションに関する不満を抱える方もいらっしゃいます。先ずは、相手の話をしっかり聞くことが重要。意見の相違があれば、中立の立場で双方の話をじっくり聞きます。その上で、解決策を講じて実行に移していきます。先ずは住民の方々と親しい関係づくりから始めています」。

問題解決に対するアプローチは、人によって異なる。「住民の方それぞれに思惑があるし、私たちは裁判官でも警察でもないので、白黒をつけることはできません。0か100ではなく、0と100の間には、必ず関係者全員が満足できる落としどころがあるはず。何度も“何で?”を繰り返していれば、原因の根幹部分が見えてきて、関係者の思惑が重なる部分が見えてきます」。

一棟のマンションの中には、幾つもの人生の縮図が詰まっていると澁木は語る。マンションの中で発生する諸問題を紐解くことで、住民たちの喜怒哀楽、そして生き方そのものに触れることになる。マンションの管理業務と一言で言っても、それは深くて広い。だからこそ面白い仕事なのだ。

澁木は自分なりに様々なアプローチを重ねることで、今まで管理業務に非協力的だった人が、徐々に変わっていく様子をつぶさに見てきた。
「自分が変われば、相手も変わっていく。真摯に、そしてスピーディに対応したことで認められたのだと思っています。そこにこの仕事の魅力があるのだと思います」。

Interviewer Profile

澁木 慎悟Shingo Shibuki
株式会社 穴吹コミュニティ
中国支社 福山支店
マンション管理課 課長代理
2008年入社(中途)

PAGE TOP