穴吹工務店・穴吹コミュニティの仕事|先輩社員紹介

「サーパス」のブランドを
最前線で担う気概

sales

漆原 敦

2005年入社 工学部卒
(宅地建物取引士・管理業務主任者・
 マンション管理士)

「ありがとう!」がやがて信頼へ

私はマンション管理の「フロント」として、マンションごとに入居者の窓口として組織される管理組合のお手伝いをしています。具体的には、管理組合の理事会や総会の運営の補助、日常の中で発生する建物の不具合を解消する手配、入居者の方からの問い合わせの対応など。また、各マンションに常駐しているハウスマネージャー(管理員)とのコミュニケーションも綿密におこない、マネージャーが働きやすい環境をつくると同時に、マンションの改善につながるヒントを得ていきます。フロント担当者の仕事は「やって当たり前」と思われることが多い。しかし、受け身で行うのではなく能動的に働きかけていくことで、入居者の皆さんから認めていただけるようになり、「ありがとう!」と声をかけてもらえるようになる。その積み重ねが「漆原さんに任すよ」と信頼につながっていくのです。

image

維持管理の技術力、マネジメントの視点

フロント担当の難しさであり、また面白さは、人間が相手だというところでしょう。入居者からの問い合わせは、たとえ同じ内容であっても解決方法はひとつひとつ違います。先方の価値観やニーズを汲みとって、それを満足させるための最適解を提案しなければなりません。そのためにも引き出しを多く備えている必要があります。勉強すべき分野は多岐にわたります。現在は管理組合運営業務メインとして取り組んでいますが、今後は築年数が経過したマンションが多くなるので、維持管理の提案能力がいっそう求められるようになるでしょう。建物の構造や設備についての知識も深め、技術力を発揮できるようになることが、今後の私の課題ですね。さらに長期的な展望としては、マネジメントの視点も養っていずれは事業所長として支店を率いて活躍できればと考えています。

PAGE TOP