穴吹工務店・穴吹コミュニティの仕事|先輩社員紹介

マンションの構造安全性を
確保する使命感

planning

徳丸 正明

設計部 設計課
2007年入社 工学部卒

多くのファクターを検討して構造を決める

私はサーパスマンションの構造に関わる全てを担当。大規模な建物の設計は、建物全体のデザインに関わる「意匠」と、柱や梁などの建物の構造の強度を決める「構造」がありますが、この後者です。日々の仕事は多岐にわたります。フレームの構成、クライテリア、概算の確認といった構造計画の業務を中心に、構造設計事務所との打ち合わせあり、他部署からの問い合わせへの対応あり、構造計画シミュレーションや設計支援ツールの作成あり……といった具合です。工学的判断や精度を求められることが多い仕事ですが、検討すべきファクターが多く難しいですね。構造設計にとって最大のミッションは、様々な制約がある中で建物の構造安全性を確保すること。穴吹工務店は法的な基準に合致することは当然として、社内でさらに厳しい基準を設けて取り組みを行なっています。その基準をいかにクリアしていくかが私にとってのやりがいになっています。

image

奥が深い構造設計の分野で腕を磨く

私は大学では建築科、それも構造型の研究室に所属していましたので、現在の仕事はまさに自分の興味に適ったものです。さらに視野を広げてみますと、穴吹工務店はゼネコンの機能とディベロッパーの機能の両方を兼ね備えており、入社後に多彩なキャリアを描くことができますし、そのなかで幅広い知見を身に付けることができます。私は入社直後に工事課で建築現場の施工管理を担当、その後、構造設計事務所へ出向して設計実務に携わりました。それらの経験が、現在の部署でも役立っています。今後も新しい仕事を手掛けるチャンスが廻ってくるでしょう。しかし当面は、構造設計の道を極めたいと思っています。同じ部署の先輩には構造のエキスパートがいらっしゃいますし、また構造設計事務所ではこの道数十年のベテランが活躍していました。その人達に少しでも近付きたいですね。

PAGE TOP