穴吹工務店・穴吹コミュニティの仕事|先輩社員紹介

入居者から信頼してもらえる
マンション技術のプロ

maintenance

田渕 亮平

2006年入社 工学部卒
マンション維持修繕技術者

マンションの安心を技術面で担う

建物は生き物です。誕生した後も、そのライフサイクルに渡って適切な世話をしなければなりません。私たちマンション管理技術者は、それをハード的側面において担っています。管轄しているマンションの定期点検を行い、劣化している箇所や不具合があれば対策を講じます。定期点検は項目によって毎月行うものもあれば季節ごとに行うものもあり、その内容も屋上の防水、塗装やタイルの具合、ポンプや消火設備、駐車場の動作確認など多岐にわたります。簡単な不具合ならば自分で直しますし、より専門技能が必要な場合は業者へ依頼します。その際、独断で行うのではなく、必ず入居者の方々への説明が必要。専門用語ではなく、なるべく分かりやすい言葉に置き換えてお伝えするよう努めています。入居者の皆さんに安心して暮らしていただけるのが、何よりのやりがいですね。

image

幅広い知識を養いキャリアアップ

定期点検以外にも、入居者の方からの連絡を受けて修繕を行うこともあります。住環境に関わることなので、朝早かろうが夜遅かろうが駆けつけて緊急対応が必要です。また普段の点検も、地震や台風による災害時に被害を最小限に食い止めるための備えになります。縁の下の力持ち的な立場でありますが、自分が「このマンションを守っているんだ」という実感があります。また近年とくに増えている大規模修繕工事(マンション全体に足場をかけて外装全体を修繕する)では、工事が完了し、建物を見上げた入居者が「新築に戻ったようで嬉しいね!」と感激してくださるのが嬉しい。
マンション管理技術者には、建築の知識だけでなく電気・機械・環境技術など多くの分野の理解が欠かせません。私ももっとスキルを磨き、入居者の方々から「何があっても田渕に任せれば大丈夫だ」と信頼していただけるようになりたいですね。

PAGE TOP