穴吹工務店・穴吹コミュニティの仕事|先輩社員紹介

「穴吹工務店のフロントマン」
としての気概

sales

坂田 謙一郎

営業担当 マンション営業課
2008年入社 総合政策卒
(宅地建物取引士)

お客さまへの誠意、お客さまの温かさ

モデルルームでお客さまの相談に乗ることが私の主な仕事です。大勢のお客さまとの出会いがあります。なかでも忘れられないのが、入社直後に配属された大阪で、最初にご契約いただいたお客さまですね。ご夫婦のお客さまで若い私を可愛がって下さっていたのですが、ご契約時に私の手落ちで正しく情報をお伝えできなかったためにご迷惑をおかけしてしまい。誠意を尽くして謝罪をしご理解していただけたものの、その最後に私が奈良県に転勤することをお伝えしたところ、「その転勤は今回のトラブルが原因なのか? そうだったら坂田君が転勤にならないよう上司の方に私から話をするから連絡先を教えてほしい」と心配してくださいました。転勤は以前から決まっていたことでしたが、そこまで私のことを気にかけて下さったことに大変感激しましたね。

image

経験と知識をマネジメントに活かしたい

自分は「穴吹工務店のフロントマン」だと肝に銘じて仕事をするようにしています。マンション営業は穴吹のなかでも最もお客さまと関わる機会が多い職種であり、お客さまの生活に踏み入った部分までお聞きすることさえある仕事です。私の対応次第で穴吹工務店のイメージが左右されてしまうため、穴吹のブランドイメージを向上させるために、常に気持ちを引き締めていかなければなりません。私はこの会社に入って営業について基本から学ぶことができました。現在も住宅をお探しのお客さまのこと、業界全体のこと、勤務する地域のこと……日々研鑽を積んでいます。今後はそれらの知識をベースとして、自分を試す意味を含めて、 チームリーダーとして販売チームのマネジメントに携わりたいと思っています。そこでたくさんの経験や知識を習得して、後輩の育成、指導などでも力を発揮していきたいですね。

PAGE TOP