穴吹工務店・穴吹コミュニティの仕事|先輩社員紹介

マンション現場の
安全・工期・予算を担って

construction

石渡 健太郎

北関東支店 工事課 係長
1998年入社 工学部卒
(一級施工管理技士)

多くの業者をとりまとめる責任

現在の私の役割は、作業所長。マンション建築作業所に常駐し、定められた工期と予算の中で設計図通りの建物を完成させるよう、工事現場全体を運営することが使命です。マンションには設計図がありますが、そのままでは様々な作業の指針にはなりません。工法や納まり、いかに仕上げるかを考慮して、職人さんに伝わるように図面化した「施工図」を作らなければなりません。それも私たちの役割です。時には外注するケースもありますが、自分で描いたほうがその後の工程管理もし易いですね。さらに、職人さんが安全に作業を進められるよう計画を立て、協力業者を選定して材料や人員の手配をし、出来たものが要求品質に適っているかをチェックする。多くの協力業者を取りまとめるため、作業所長の舵取り次第でそれら業者さんの利害を左右してしまいます。責任は重大です。

image

現場にある喜び、そして技術力向上の足掛かり

マンション建設の大部分はハンドメイドです。人が行うことに「絶対」はないため、時にはミスもあればトラブルも生じます。それを未然に防ぐための細かい気配りや、それでも生じてしまった場合の円滑なリカバリーも、現場運営では必須の仕事です。多数の業者さんや職人さんが出入りしますが、厳しい仕事でもスムーズに楽しくやってもらえるようコミュニケーションをとって、その仕事が上手く行き、職人さんと讃えあったり、難しい作業がトラブルなく計画通りに運んだ時の快感も、この仕事の魅力の一つです。
自社施工のマンションの建設やマンションの大規模修繕など、これまで多くの現場を経験することができましたが、まだまだ技術力の向上を図っていかなければならないと感じています。技術は机上で得るよりも、現場で経験を積むことで磨かれるもの。今後とも様々な工法のマンションのほか、自社物件だけではなく請負物件やマンション以外の物件なども手掛けてみたいですね。

PAGE TOP