研修制度

人財評価のサイクル

ひとり一人が自律したプロフェッショナルであることを強く求め、個々人の価値の増大によって企業価値を高めていくことを人事戦略の柱に考え、組織的に支援しています。
個人のPDCAサイクルを組織的に支援して、将来のキャリア形成につなげます。

目標設定

期初の事業計画に基づいた組織の計画が、個人に示されます。組織の位置付けや、今後の組織の方向性を理解したうえで、各人は目標を定め、「目標設定シート」を作成します。また、目標はその成果イメージとともに、上司と面談し共有します。

期中支援

日々の業務・営業活動の中で、上司と「報告・連絡・相談」しながら、目標達成に向けた方向性の確認や業務上の課題など、状況を確認し必要な支援を受けます。

評価

期終了時に、上司と面談を実施し、自らの業績を申告します。同時に上司からも業務の「出来栄え」や「良かった点・悪かった点」を講評します。業績は、「業績評価」、「等級評価」の2つの視点で評価をし、一定期間に実際に生み出された業績や成果(業績評価)だけではなく、業績や成果を生み出す課程での具体的な行動の内容やレベル(等級評価)も評価します。さらに、面談終了後に、上位者にて「評価会議」を開催し、複数の視点で多角的に評価内容を検証し、最終的な個人の評価を決定します。

フィードバック

評価会議終了後、上司よりフィードバックを受けます。具体的な評価結果をフィードバックされることにより、自分の評価内容を理解し、納得した上で来期の課題形成や中期的キャリア形成も含めて今後の業務のレベルアップにつなげていきます。

PAGE TOP